MEMBER POLICY

メンバーポリシー

ASICS Sports Complex TOKYO BAY

個人会員等利用規約

第1章 総則

第1条(総則)

この個人会員等利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、個人会員(第6条第1項に定める手続を行い、当社との間で、契約月の営業時間中、各会員種別の利用条件に従って本施設の全部または一部を利用する旨の契約を締結した個人の方をいいます。以下、同様とします。) およびビジター利用者(第6条第1項に定める手続を行い、当社との間で、契約当日の営業時間中、本施設の全部を1回利用する旨の契約を締結した個人の方をいい、個人会員と総称して「個人会員等」といいます。以下、同様とします。)が、「ASICS Sports Complex TOKYO BAY」(以下、「本施設」といいます。)を利用する場合に適用するものとします。 また、本規約の詳細は、アシックス・スポーツコンプレックス株式会社(以下、「当社」といいます。)が別途定める料金表、その他規約および細則等(以下、「細則等」と総称します。)に定めるものとします。

第2条(目的)

本施設は、個人会員等が本施設を利用し、健康維持、心身の健康増進を図ることを目的とします。

第3条(運営)

本施設は、当社が運営、管理にあたるものとします。ただし、当社は、本施設の運営、管理の全部または一部を、第三者に対し委託する場合があります。

アシックスは、お客様が当社にご提供いただく個人情報を大切に管理することを重要な責務と考え、適切に管理するよう努めています。また、お客様の個人情報を適切に取り扱い安全に保管するために必要な保護措置を講じるよう努めています。アシックスのお客様の個人情報の取得、利用、管理方法についてご理解いただくため、本プライバシーポリシーをお読みください。

第2章 個人会員等

第4条(資格要件)

  1. 1. 個人会員資格の取得を希望する方またはビジター利用者になろうとする方は、本規約および細則等に同意し、かつ、次の各号のいずれにも該当しない方でなければなりません。

    1. (1)暴力団員、暴力団関係者、その他これに準ずる方(以下、「反社会的勢力」と総称します。)または反社会的勢力と何らかの関係を持つ方
    2. (2)感染症または感染性のある疾患を有する方
    3. (3)筋肉の痙攣または意識喪失等の症状を招く可能性のある疾患を有する方
    4. (4)医師から運動を禁止されている方
    5. (5)当社より個人会員資格を抹消されたことのある方
    6. (6)当社より本施設の利用禁止を命じられたことのある方(ただし、第21条第2項第3号、同項第4号または健康上の理由である場合を除きます。)
    7. (7)前各号のほか、当社が本施設の円滑な運営に支障をきたすおそれがあると認める方
  2. 2. 個人会員資格の取得を希望する方またはビジター利用者になろうとする方は、第7条第1項に基づきICバンドの貸与を受けた時を以って、個人会員資格またはビジター利用者としての地位を取得するものとします。

第5条(体験利用)

  1. 1. 個人会員資格の取得を希望する方またはビジター利用者になろうとする方は、次条第1項に定める手続に先立ち、本施設を体験利用しなければなりません。

  2. 2. 体験利用を希望する方は、当社が認める方法で、当社に対し、次の各号に定める書類を提出または提示した上、細則等に定める料金(第8条第1項に定めます。以下、同様とします。)を納入するものとします。

    1. (1) 当社所定の体験利用申込書
    2. (2) 氏名、生年月日、住所等が記載された顔写真付き本人確認書類
    3. (3) 前条第1項各号に定める資格要件の有無を判断するために当社が必要と認める書類
    4. (4) 前3号のほか、当社が必要と認める書類
  3. 3. 個人会員資格の取得を希望する方またはビジター利用者になろうとする方は、体験利用をした日の翌日から起算して1年以内に、次条第1項に定める手続を行わなければならず、当該期間までに当該手続を行わなかった場合は、再度体験利用しなければなりません。

  4. 4. 個人会員等は、本施設の最終利用日の翌日から起算して1年が経過した日以降に本施設を利用する場合は、再度体験利用しなければなりません。

  5. 5. 体験利用をする方についても、本規約および細則等の定めを準用します。

第6条(入会手続等)

  1. 1. 個人会員資格の取得を希望する方またはビジター利用者になろうとする方であって、前条第1項に定める体験利用をした日の翌日から起算して1年以内の方は、当社が認める方法で、当社に対し、次の各号に定める書類を提出または提示した上、細則等に定める料金を納入するものとします。

    1. (1) 当社所定の利用申込書
    2. (2) 氏名、生年月日、住所等が記載された顔写真付き本人確認書類
    3. (3) 第4条第1項各号に定める資格要件の有無を判断するために当社が必要と認める書類
    4. (4) 前3号のほか、当社が必要と認める書類
  2. 2. 個人会員等は、当社に対し、前項各号に定める書類の内容、その他当社に申し出た内容が真実かつ正確であることを保証します。

  3. 3. 個人会員等は、第1項各号に定める書類の内容その他当社に申し出た内容に誤記または変更があった場合は、当社に対し、速やかに当社所定の届出内容変更申込書を提出し、変更手続を行わなければなりません。

  4. 4. 当社が個人会員等に対して行う通知は、当社所定の利用申込書または届出内容変更申込書に記載された連絡先に宛てて行えば足り、前項の変更手続を懈怠するなど、個人会員等の責めに帰すべき事由より当該通知が延着しまたは届かなかった場合であっても、当該通知が通常到達すべき時に到達したものとみなします。

第7条(ICバンド)

  1. 1. 当社は、個人会員等に対し、ICバンドを貸与するものとします。

  2. 2. ICバンドは、個人会員等として登録されている本人以外は使用できません。

  3. 3. 個人会員等は、第三者に対し、ICバンドを貸与、譲渡等してはなりません。

  4. 4. 個人会員は、個人会員資格を喪失した場合に、ビジター利用者は、本施設の利用を終えた後に、当社に対し、それぞれ速やかにICバンドを返還しなければなりません。

  5. 5. 個人会員等は、ICバンドを紛失した場合は、当社に対し、直ちに届け出た上、細則等に定める料金を納入し、再発行の手続を行わなければなりません。

第8条(料金)

  1. 1. 個人会員等は、当社に対し、細則等に定める入会金、個人会員利用料金、ビジター料金、手数料、その他料金(以下、「料金」と総称します。)を、当社所定の利用申込書または届出内容変更申込書および細則等に定める方法で、遅滞なく納入しなければなりません。

  2. 2. 個人会員等は、本規約および細則等に別途定める場合を除き、個人会員としての資格またはオプション契約者としての地位を保有する限り、本施設の利用の有無を問わず、前項の料金を納入する義務を負います。

  3. 3. 当社は、法律上返金が義務付けられている場合および当社が必要と認める場合を除き、一旦納入された料金を一切返還しません。

  4. 4. 月の途中で入会またはオプション等の申込を行う場合の当該月に係る料金は、次の各号に定めるとおりとします。

    1. (1)1日~5日:月額料金の100%
    2. (2)6日~10日:月額料金の75%
    3. (3)11日~20日:月額料金の50%
    4. (4)21日~末日:月額料金の25%
  5. 5. 個人会員等は、月の途中で個人会員資格またはオプション契約者としての地位を喪失した場合であっても、当社に対し、当該月に係る料金を全額納入しなければなりません。

第9条(オプション等の手続)

  1. 1. 個人会員等は、オプション等の申込を行う場合は、当社が認める方法で、当社に対し、当社所定の利用申込書等を提出しなければなりません。

  2. 2. 個人会員等は、会員種別の変更またはオプション等の解約を行う場合は、当社が認める方法で、当社に対し、毎月9日(9日が休館日である場合は、前営業日)までに、当社所定の変更届または解約届等を提出しなければなりません。

  3. 3. 前2項の手続に際して、当社は、個人会員等に対し、本人確認書類、その他当社が必要と認める書類の提出または提示を求めることができるものとします。

  4. 4. 前3項に基づく手続についても、第6条第2項ないし第4項の定めを準用します。

  5. 5. 本規約および細則等に別途定める場合を除き、第1項に基づく申込については、申込の日に、第2項に基づく変更または解約については、当月末日に、それぞれ要件を満たす場合に限り、その効力が生じるものとします。

第10条(休会)

  1. 1. 個人会員は、本施設を休会(個人会員が、自己の都合により、個人会員資格を保有したまま、一定の期間、本施設を利用しないことをいいます。以下、同様とします。)する場合は、前条第2項ないし第5項に定めに準じ、当社所定の休会届を提出しなければなりません。

  2. 2. 休会をしている個人会員は、休会期間中は、細則等に定める料金を納入しなければなりません。

  3. 3. 一回の届出による休会期間は、最長12か月とし、1か月単位で取得するものとします。

  4. 4. 個人会員は、本施設の利用を再開する場合は、当社に対し、前条第1項の定めに準じ、当社所定の変更申込書を提出しなければなりません。この場合、利用再開日が休会期間満了日の翌日以前となるようにするものとします。

  5. 5. 個人会員は、休会後に本施設の利用を再開することなく退会(個人会員が、自己の都合により、個人会員資格を喪失させることをいいます。以下、同様とします。)する場合は、当社に対し、次条の定めに従い、当社所定の退会届を提出するものとします。この場合、退会日が休会期間の満了日以前となるようにするものとします。

第11条(退会)

個人会員は、本施設を退会する場合は、第9条第2項ないし第5項の定めに準じ、当社所定の退会届を提出しなければなりません。

第12条(資格の喪失)

  1. 個人会員は、次の各号のいずれかに該当する場合は、当社からの通知を要することなく、当然に個人会員資格を喪失します。

    1. (1) 退会届に記載された退会日が到来した場合
    2. (2) 個人会員本人が死亡した場合
    3. (3) 次条各号に基づき個人会員資格が抹消された場合
    4. (4) 休会期間満了日の翌日までに本施設の利用を再開しない場合
    5. (5) 休会期間満了日までに退会しない場合

第13条(資格の抹消)

  1. 当社は、個人会員が次の各号のいずれかに該当する場合は、個人会員に対する通知を要することなく、個人会員資格を抹消することができます。

    1. (1) 第4条第1項各号に定める資格要件を欠く場合(ただし、同項第2号乃至第4号に該当し完治または改善する見込みがある方は除きます。)
    2. (2) 本規約または細則等に違反した場合
    3. (3) 第22条に基づき本施設の全部が閉鎖された場合
    4. (4) 支払停止、支払不能または債務超過の状態に陥った場合
    5. (5) 仮差押え、仮処分、差押え、強制執行または競売の申立てを受けた場合
    6. (6) 破産もしくは民事再生の申立てを行った場合、または任意整理を申し出た場合
    7. (7) 前各号のほか、当社が個人会員資格を抹消することが相当であると認める場合

第14条(譲渡禁止・一身専属)

  1. 1. 個人会員等は、第三者に対し、個人会員資格またはビジター利用者としての地位ならびに個人会員等としての権利および義務を譲渡し、貸与し、または担保に供してはなりません。

  2. 2. 個人会員資格またはビジター利用者としての地位は一身専属的なものであり、相続の対象とはなりません。

第3章 本施設の利用

第15条(諸規則の遵守)

個人会員等は、本施設の利用に際して、各会員種別の利用条件ならびに本規約および細則等を遵守するものとし、本施設内においては、当社または本施設のスタッフ(以下、「スタッフ」と総称します。)の指示に従わなければなりません。

第16条(健康管理等)

  1. 1. 個人会員等は、本施設が低酸素トレーニング施設であることを踏まえて、自己の生命および身体に及び得る危険を十分に理解した上で、自己の責任において、健康管理、安全配慮等を行い、本施設を利用するものとします。

  2. 2. 個人会員等は、本施設の利用に際して、都度当社が定める安全確認を行うものとします。

第17条(ロッカーの使用))

  1. 1. 個人会員等は、一時利用ロッカーを利用することができます。ただし、空き状況によっては利用できない場合があります。

  2. 2. 個人会員は、当社とロッカーに係る利用契約を締結することにより、当該利用契約に従い、契約ロッカーを利用することができます。ただし、空き状況によっては当該利用契約を締結できない場合があります。

第18条(同伴者等の入場)

  1. 1. 当社は、高齢者または障害者の同伴者、その他個人会員等が本施設を利用するに際して必要な方、または身体障害者補助犬について、本施設への入場を認める場合があります。なお、入場を認められた方は、当社が認める場合を除き、本施設のトレーニング設備、器具または備品を使用することはできません。

  2. 2. 前項に基づき入場を認められた方についても、第3章および第4章の定めを準用します。

第19条(営業時間・定休日・休館日)

本施設の営業時間、定休日および休館日は、原則として次のとおりとします。ただし、施設メンテナンスその他の理由により、営業時間の変更や休館日の設定を行う場合があります。この場合、本施設またはホームページに掲示する方法でお知らせします。

  1. ・月曜日・水~金曜日:7:00~22:00(最終入館時間 21:15)
  2. ・土曜日・日曜日・祝日:8:00~18:00(最終入館時間 17:15)
  3. ・火曜日:定休日
  4. ・お盆、年末年始:休館日

第20条(禁止行為)

当社は、個人会員等に対し、本施設内において、次の各号に定める行為を行うことを禁止します。

    1. (1) 当社、本施設、スタッフ、または個人会員等その他本施設の入場者(以下、「本施設利用者等」と総称します。)を誹謗中傷する行為、または名誉もしくは信用を傷付ける行為
    2. (2) スタッフまたは本施設利用者等に対する暴力行為、法的責任を超えた不当要求行為、脅迫的言動、または偽計もしくは威力を用いる行為
    3. (3) スタッフまたは本施設利用者等に対する威嚇行為、迷惑行為、または本施設利用者等が恐怖を感じる行為
    4. (4) 本施設の円滑な運営に支障をきたす行為
    5. (5) 本施設の設備、器具または備品の損壊、汚損、紛失、または持ち出し行為
    6. (6) 法令等もしくは公序良俗に違反する行為、または公衆衛生を害する行為
    7. (7) 本施設内における営業行為、取材活動、署名活動、政治活動、または宗教活動
    8. (8) 刃物、薬物等の危険物または禁制品の本施設内への持ち込み行為
    9. (9) 10万円以上の現金、その他高価品の本施設内への持ち込み行為
    10. (10) 個人会員等以外の者または動物(ただし、本規約および細則等に別途定める場合を除きます。)を入場させる行為
    11. (11) 本施設内における喫煙行為(電子タバコ、無煙タバコ含みます。)および飲酒行為
    12. (12) 本施設内における無許可撮影行為
    13. (13) 本規約および細則等に違反する行為
    14. (14) 反社会的勢力と何らかの関係を持つ行為
    15. (15) 前各号のほか、当社が禁止することが相当であると認める行為

第21条(利用禁止)

  1. 1. 個人会員等は、次の各号のいずれかに該当する場合は、本施設の全部を利用することができません。

    1. (1) 酒気を帯びている場合
    2. (2) 第4条第1項各号に定める資格要件を欠いた場合
    3. (3) 第16条第2項に定める安全確認により、本施設の利用に適しない健康状態であることが判明した場合
  2. 2. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、個人会員等に対し、一定の期間、本施設の全部もしくは一部の利用を禁止し、または退場を命じることができます。この場合の禁止期間は、当社の判断で決定できるものとします。

    1. (1) 個人会員等が前項各号に該当した場合
    2. (2) 個人会員等が本規約または細則等の違反した場合
    3. (3) 天災地変、気象警報等の発令、行政指導、社会情勢、経済情勢の著しい変化、経営の都合、本施設の改造または修繕、その他やむを得ない事由が発生した場合
    4. (4) 当社の同意を得た法人、組合、その他団体または個人が本施設を専有利用する場合
    5. (5) 前各号ほか、当社が本施設の全部もしくは一部の利用を禁止し、または退場を命じることが相当であると認める場合

第22条(本施設の閉鎖)

当社は、天災地変、気象警報等の発令、行政指導、社会情勢、経済情勢の著しい変化、経営の都合、本施設の改造または修繕、その他やむを得ない事由が発生した場合は、本施設の全部または一部を閉鎖することができるものとします。

第23条(遺失物)

当社は、本施設内の遺失物を、次の各号に定めるとおり取り扱うものとします。

    1. (1) 腐敗等により公衆衛生に支障をきたすおそれのある物品:即時に処分します。
    2. (2) 貴重品:最寄りの警察署へ届け出ます。
    3. (3) 前2号以外の物品:3か月の保管期間経過後、個人会員等により所有権が放棄されたものとみなし、処分します。

第24条(損害賠償責任)

個人会員等は、本施設の利用に際して、自己の責めに帰すべき事由により、当社、スタッフまたは本施設利用者等の第三者に損害を与えた場合は、速やかに当該損害を賠償するものとします。

第25条(弁償等)

  1. 1. 個人会員等は、本施設の設備、器具または備品を、その用法に従って適切に利用しなければなりません。

  2. 2. 個人会員等は、自己の責めに帰すべき事由により、本施設の設備、器具または備品を損壊、汚損または紛失した場合は、当社に対し直ちに連絡するとともに、修復または代替品の購入等、原状回復に要する費用を全額負担するものとします。

第26条(免責)

  1. 1. 当社は、個人会員等に生じた怪我または事故、貴重品または手荷物等の盗難、損壊、汚損または紛失、その他本施設の利用に際して発生した個人会員等の損害等について、当社に故意または重過失がある場合を除き、一切の責任を負わないものとします。

  2. 2. 個人会員等は、本規約および細則等に別途定める場合を除き、当社が本規約および細則等に基づき行った措置について、当社に対し、何らの異議を申し立てず、これに対する一切の賠償または補償を請求しないものとします。

第4章 その他

第27条(個人情報)

当社は、個人会員等から提供を受けた個人情報を、本規約および細則等に基づくサービスの提供、本規約および細則等に定める各種手続、関連するサービスの実施、当社の業務記録、当社もしくは当社グループ会社のサービス、キャンペーン、イベントもしくは商品の営業案内、または当社もしくは当社グループ会社の研究活動等のために必要な範囲で利用します。 当社の個人情報の取り扱いについての詳細は、アシックス・プライバシーポリシー(こちら)をご覧ください。

第28条(反社会的勢力の排除)

当社および個人会員等は、相互に、現在または将来にわたって反社会的勢力と一切の関係を持たないことを表明し保証します。

第29条(営業案内)

当社は、個人会員等に対し、本施設または当社もしくは当社グループ会社のサービス、キャンペーン、モニター、イベントまたは商品等に関する営業案内を行うことがあります。

第30条(法定代理人等)

  1. 1. 個人会員資格の取得を希望する方、ビジター利用者になろうとする方または個人会員等が未成年である場合は、法定代理人の同意を得て、本規約および細則等に定める手続を行うものとします。

  2. 2. 個人会員資格の取得を希望する方、ビジター利用者になろうとする方または個人会員等が成年被後見人である場合は、成年後見人が本人を代理して、本規約および細則等に定める手続を行うものとします。

  3. 3. 法定代理人および成年後見人は、自己が個人会員等であるか否かにかかわらず、本人と連帯して、本規約および細則等に基づく個人会員等としての責任を負うものとします。

  4. 4. 前項の定めは、個人会員等の保佐人および補助人について準用します。

第31条(改正)

当社は、法令等に従って、いつでも本規約および細則等を変更することができるものとします。

第32条(管轄裁判所)

当社と個人会員等との間で訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第33条(準拠法)

本規約および細則等に関する準拠法は、日本法とします。

附則

本規約は、2019年10月9日より施行します。

本規約は、2020年2月20日より一部改正します。

本規約は、2020年7月10日より一部改正します。

本規約は、2020年10月24日より一部改正します。


料金表

料金表

※月額オプションを含む個人会員プランに入会した場合は、当社との間で当該月額オプションに係る利用契約を締結したものとみなされ、当該月額オプションに係る細則等が適用されます。但し、当該細則等に定める当該月額オプションの利用料金は別途いただきません。

※月額オプションを含む個人会員プランに入会した方が休会した場合は、当該月額オプションに係る細則等の定めにかかわらず、当該月額オプションに係る利用契約は終了しないものとします。但し、休会中は、当該月額オプションの利用はできません。契約ロッカーに収納している物品がある場合は、全て撤去してください。

※契約ロッカー契約者が規定人数に達した場合は、キャンセル待ちを承ります。ロッカーが空き次第、順にご案内します。